七五三 お支度撮影のススメ

今年の七五三撮影も終わりました。

本当にたくさんの可愛い七五三を撮らせていただき、たくさんの可愛いに出会えた3ヶ月間でした。

年末になり、やっとブログを更新する時間ができたので、これから鬼のようにブログ更新していきたいと思います。


こちらは、11月初めてに撮影させていただいた3歳の女の子。

ご自宅でのお支度撮影から入らせていただきました。

まだ今さっき起きたところ。

パジャマ姿で「こんにちは!」と笑顔で挨拶してくれました。

人見知りゼロの彼女は大好きなプリキュアの本を持ってきて、プリキュアについて色々教えてくれました。

結構難しい横文字系の名前、よく覚えられるなあ。

教えてもらってすぐ忘れた30歳の私。記憶力の衰えを感じる。

こちらの赤い可愛いお着物はお母さんからのお下がり。

新品かのごとく綺麗に保存さていたところにも愛を感じる。

さてお支度スタート。

みてください、この愛らしさ。

変身していく自分にうっとり見とれる姿は女の子ですねえ。

と思っていたら、急に「なんか痛くなってきた・・・」との一言を皮切りに大号泣。

3歳のこういうところが可愛すぎる。

でもほんの数分で復活した彼女はまた鏡の中の自分を見ながらうっとりするのでした。

鏡ごしに目が合う。ドキリ。


初めてのお化粧。

「目をやさしーく閉じてね」と言われてるけれど怖くでぎゅっと閉じちゃうところも、口紅を塗るときにとんがるお口も大好きだよ。

ヘアメイク完了!

するとおむつ姿のまま姿見に駆け寄り、「可愛くなってきた」と小声でぽつり。

ああああああ!たまらないいいいいい!

世界一、いや宇宙一可愛いシーンが撮れてしまった。


こういうシーンはやっぱりお支度撮影でしか撮れない至極の1枚なので、本当に本当にお支度からの撮影をお勧めします。

ママの隣で着付けてもらって、可愛いお姫様完成です。

お母さんよりお支度が早く終わった彼女は、何やら子供部屋でガサゴソ。

お気に入りのステッキを持ち出し、「これ持っていく」と。

お着物にステッキ、斬新なセンスが最高だね。


神社までの道のり、慣れない草履を履きながらも、ちょこちょこ一生懸命歩く。

こんなに可愛いもんだから、途中観光客から撮影責めにあう。

でもこれもにより彼女のテンションが上がったり。

パパとママに手を握ってもらったらこの満面の笑顔。

やっとこさ神社に到着。長い参道よく頑張ったね。

とりあえずはご祈祷に入ります。

ご祈祷中、ちょっと飽きちゃったけどよく頑張ったそうな。

おじいちゃんおばあちゃんも一緒に、家族みんなで集合写真です。

もうだいぶ飽きてきた3歳さん。笑顔も尽きたところもまたリアルな可愛さ。

ソロショットではしりとりをしながら撮影します。

「ら?ら〜、ら〜、ラッコだ!」の時の顔が最高に可愛い。

美味しかった「ちとせまめ」。

3歳のまだたどたどしい日本語は、一語たりとも逃したくない、忘れたくない宝物ですよね。

最後の満面の笑みは私の後ろでお父さんがじゃがびーを振って引き出してくれました。

じゃがびー神。

せっかくなので美しいお父さんお母さんの2ショットも。

本当にため息が出るほどの美男美女である。

と、撮影に熱中していたら・・・

もうしっかりじゃがびー食べ始めたましたー!

履き慣れない草履も足袋も脱いで、至福のじゃがびータイム。

たくさんの可愛い瞬間をありがとうございました。


sakuma haruka

ファミリーフォト、七五三、ウエディングの出張撮影。

0コメント

  • 1000 / 1000